王とはな、誰よりも強欲に、誰よりも豪笑し、誰よりも激怒する! 清濁含めて人の臨界を極めたる者。そう在るからこそ臣下は王を羨望し、王に魅せられる。一人一人の民草の心に、我もまた王たらんと憧憬の灯が燈る!

 王=経営者

 民=従業員

と、置き換えてみると、面白いですよ。

「王が捧げるのでない。国が、民草が、その身命を王に捧げるのだ。断じてその逆ではない」

「然り。我らは暴君であるが故に英雄だ」

「だがなセイバー、自らの治世を、その結末を悔やむ王がいるとしたら、それはただの暗君だ。暴君よりなお始末が悪い」

「余の決断、余につき従った臣下達の生き様の果てに行きついた結末であるならば、その滅びは必定だ。

 悼みもしよう。涙も流そう。だが決して悔やみはしない」

「ましてそれを覆すなど! そんな愚行は、余とともに時代を築いた全ての人間に対する侮辱である!」



「無欲な王なぞ飾り物にも劣るわい!」

「セイバーよ、“理想に殉じる”と貴様は言ったな。なるほど往年の貴様は清廉にして潔白な聖者であったことだろう。

 さぞや高貴で侵しがたい姿であったことだろう。

 だがな、殉教などという茨の道に、いったいだれが憧れる? 焦がれるほどの夢を見る?

 聖者はな、たとえ民草を慰撫できたとしても、決して導くことなどできぬ。

 確たる欲望のカタチを示してこそ、極限の栄華を謳ってこそ、民を、国を導けるのだ!」

「王とはな、誰よりも強欲に、誰よりも豪笑し、誰よりも激怒する、清濁含めてヒトの臨界を極めたるもの。

 そう在るからこそ臣下は王を羨望し、王に魅せられる。一人一人の民草の心に、“我もまた王たらん”と憧憬の灯が燈る!」

「騎士どもの誉れたる王よ。たしかに貴様が掲げた正義と理想は、ひとたび国を救い、臣民を救済したやも知れぬ。

 それは貴様の名を伝説に刻むだけの偉業であったことだろう。

 だがな、ただ救われただけの連中がどういう末路を辿ったか、それを知らぬ貴様ではあるまい」

「貴様は臣下を“救う”ばかりで“導く”ことをしなかった。

 『王の欲』のカタチを示すこともなく、道を失った臣下を捨て置き、ただ独りで澄まし顔のまま、

 小綺麗な理想とやらを想い焦がれていただけよ。

 故に貴様は生粋の“王”ではない。己の為でなく、人の為の“王”という偶像に縛られていただけの小娘にすぎん」


著:虚淵玄

『Fate/Zero Vol.2 「王たちの狂宴」』

征服王イスカンダル

0コメント

  • 1000 / 1000