薬剤師、脳科学者、心理学者、〇〇学者 に共通して言える事

 彼らの仰っていることに対して、共通するポイントがあります。

それは、

「統計学的に優位性がある」

事を前提に、

統計的学問としている点です。


これを極端に言えば、

「100人中、51人に有効」

であれば、

「統計学的に優位性がある」

と判断される点です。


これは、

「薬の飲み合わせを判断する薬剤師」

にも、

当てはまってしまいます。


逆説的に言えば、

「地球人類 ≒ 70憶人 全てに当てはまるわけでは無い」

「これから、生まれてくる人間に全てに、当てはまるわけでは無い」

という事なんです。


上記を踏まえて、

彼らの意見は、

あくまでもサポート、

あくまでも参考意見

として判断してください。


自分で調査もせずに、

彼らの言う事を真に受けて、

行動に至ってしまって、

結果、

マイナスの内容になったとしても、

「統計学的に優位性があるという観点から、

 アドバイスしているに過ぎない」

と言う、

何処か、

釈然としないコメントを頂戴する羽目になります。


彼らのコメントは、

あくまでも、

参考意見とし、

必ず、

自分で調べた上で、

物事を客観的に、

自分自身で判断する。

この事を習慣つけましょう。


でないと、

後悔する羽目になりますよ。


ちなみに、

僕の場合は、

僕自身が一番信用できない∑(゚Д゚)

ので、

企業調査

どころか、

自分調査

も絶えず行っていたりするわけですが。。。

ein's ブログへようこそ

英語大好きな社会人16年生。 洋楽カラオケはまっています。

0コメント

  • 1000 / 1000