コミュニケーション ver.車事故 ~怪我人無しの対応方法~

 車をお持ちの方で、

駐車中に相手に車をぶつけられた、

あるいは

ぶつけてしまった

経験をお持ちの方、いらっしゃると思います。

幸い、

そういったケースに未だ出会っていない方もいらっしゃるかもしれません。


いずれにせよ、

日常生活では、

あまりお世話になる機会のない

(だよね?大丈夫だよね? 僕? Σ(゚д゚;) だ、大丈夫だ も、問題無い!)

公共機関及び保険会社とのやり取りが発生します。


今日は、

その時になっても

冷静に、真摯に、慌てずに

対応する方法を公開したいと思います。

公共機関を呼べば、

あたふたしても彼らはそれが仕事ですから教えてくれますが

敢えて、ブログとして書きます。


今日の記事は、「怪我人無し」が前提です。

怪我人有りの時はまた状況が変わりますので、

ご注意ください。


コミュニケーション ver.車事故 ~怪我人無しの対応方法~

①ぶつけられた方

 第一に、真っ先に、わざとでも構いません。

 というより、むしろわざとの方が良いです。

 「ぶつけた相手に怒ってください」

 真摯に、紳士を演じている場合ではありません。

 真摯に、怒ってください。

 これ最重要です。

 理由はこの後に続きます。

 フラグですね。分かります。


②110番し、公共機関へ通報

 ・「事故」と連絡

 ・「怪我人無し」と連絡

 ・「事故場所の住所」を連絡

 ・「ぶつけた相手を逃がさない」

 公共機関に事故証明書を発行してもらう為、

 保険適用時に絶対必要です。

 *示談で済ませる場合は、本人同士でお話し合いされてください。

  示談で済む場合は、金額が大きくならない場合が多いです。


③公共機関の方がお見えになる前に

 ・お互いの連絡先:名前、住所、電話番号、車種名、保険会社の連絡先 を交換

 ・お互いの車それぞれに対して、欠損箇所の写真を撮影

 ・お互いの車と事故現場(この記事は駐車場のケースで書いてます)を撮影

   事故現場は住所が写真に入っていると尚ベスト。

 ・お互いに保険会社へ連絡する


④公共機関の方がお見えになったら

 ・怪我人の有無を先ずは報告

 ・事故発生状況の詳細を説明する

 ・通報時間を連絡する(携帯の通話履歴で)

 ・事故発生から通報するまでの時間を連絡する

 ・身分証明(運転免許証など)、車検証、自賠責保険 を提示する

 ・上記まで終わると、公共機関の方が

  「正式な事故場所の住所」

  を教えてくれます。

  これを必ずメモしてください。

公共機関の方とのやり取りは以上です。

ここまでやり取りが終わると、

「事故証明書」が公共機関で発行可能となります。

この証明書は、保険会社で必要になります。


①~④までが、事故現場でのやり取りの対応となります。


ここから先が、重要です。

「保険会社で保険を使用する」

この場合は、

ぶつけた方が保険会社へ連絡しないと

ぶつけられた方は待つしかありません。

本当に、待つしかありません。

通常、常識を持った社会人であれば、

事故の翌日~2日目くらいには相手の保険会社から連絡が来ます。


しかし、

世間には保険会社への連絡を放置して≒1週間後にやっと連絡が来る

といった怠惰な方が残念ながら存在します。

これは、ぶつけられた方がぶつけた方に

「なめられている」

ケースが圧倒的に多いです。

はい、もぅおわかりですね。

そう、スムーズに保険や車の修理を進めるためには

①でぶつけられた方がぶつけた相手に対して、

真っ先に怒るのは(むしろわざと演技するくらいで)

「なめられないため = スムーズに保険会社とのやり取り、車の修理を進めるため」

なんです。

これって非常に重要なポイントなんです。

ぶつけられた方、温和に対応している場合じゃないんです。

ぶつけた方、社会人としての常識を持っていなかったらどうするんですか!!

世の中、相手に自分と同じものを期待してはいけないんです!!


この後は、

事故状況によって保険適用の割合が変ってきますので

そこはまた別の機会に。。。


はい、こんな記事を書いているのも

本日、ぶつけられましたΣ(゚д゚;)
我が愛車 infinity に傷が!!!!

紳士ですから、真摯に演技でブチ切れモード全開です。

演技ですから、わざとですけどね!!


最後に、

ぶつけた方、ぶつけられた方

示談で済ませる場合はともかく

事故証明の発行そして保険適用する場合は、

本人同士でやり取りするのは控えましょう。

揉め事にしかなりません。

違う公共機関にお世話になってしまうかもしれません。

かえって面倒です。


以上、ぶつけられた方が対象としての記事になっていますが、

ぶつけた方、この記事を逆に受け取ってください。

あくまで、冷静に、落ち着いて、真摯に対応してください。

わざと怒ってるなって人いますから。

(此処にいるんだからね!)

0コメント

  • 1000 / 1000