コミュニケーション力の活かし方 ver.社会人

ちょっと一例を紹介します。

某月某日の不在時に、

パトロールカードなる物が投函されていました。

我が愛車の件ですね。

分かります。


「infinityの件でお伺いしました。

防犯意識が高いのはありがたいのですが、

センサーが敏感なため、騒音苦情となってしまっています。

少し、感度を下げてください」


infinityですから、

セキュリティーも ぱないの! を導入してます。

結果からすると、

何故セキュリティーがなってしまったのか?

原因は今も不明です。


で、

この際のコミュニケーションについて参考例として書かせて頂きます。

いろんな場面に応用が効きますよ。


先ずは、パトロールカードから読み取れる情報


①セキュリティーが鳴って?苦情通報されてしまった。

②「センサーが敏感なため」、騒音苦情となってしまっています。少し、感度を下げてください」


①は通報されてしまった以上の情報が無いので、

まぁ状況を聞いてみるしかない。

ポイントは②の

「センサーが敏感なため」

「少し、感度を下げてください」

断言形式に記載している点。


上記を踏まえて、早速お電話し以下のお話をさせて頂きました。

「断言形式に記載している以上、検証した資料が当然あるんですよね?」

「センサーの感度を下げるってどうやるんですか?

 マニュアルにセンサー感度の下げ方の記載は一切ありません。

 断言されてますよね?

 その根拠を教えてください。」

「これからディーラーへ行ってくるんですが、

 検証資料を提出願います。

 その資料の有無によって、

 ディーラーへの話し方が変わります。

 ・検証資料があるのだから、直してください という断言系

 ・あくまでもチェックしてください というチェック系」


「通報があり、車の前までは見に行ったのですが・・・」


相手の方は黙ってしまいましたw


おそらく検証資料なんて無いだろうと、

予測した上での会話の流れですけどね。

有れば、それを持ってディーラーへ行くだけでしたから。

(ある場合、ない場合 どちらでも会話の主導権をこちらが握っている)


ここで、会話テクニックです。

「もし、

 ディーラーで何の不具合も発見できません 

 と公的に通用する書類が発行された場合

 僕個人では対応できません。

 ○○自動車と警察庁でお話し合いされてみては如何でしょうか。」


論理的に会話をコントロールし、

主導権をこちらが握った状態で

相手が言葉に詰まったら、

さらに相手がドン引きするくらいお話を大きくしてしまう。

これで会話の主導権はこっちのものです。

相手の方は恐縮されてしまいました。


だからといって、

驕り高ぶって偉そうな態度になってはいけません。

あくまでも真摯に。

紳士ですからね。

こうなると、

こちらから聞かなくても相手の方から情報が自然と出てくるんですよね。

不思議なものです。

まぁ公的機関の方とは仲良しになって損はありませんから。


で、

後日 ディーラーでチェックしてもらい不具合箇所は発見できず。

車検の際には、配線やプログラムも含めてチェック。

不具合は発見できず。


ですが、

ディーラーと公的機関の相手の方から

セキュリティーが誤作動してしまうケース

に関する情報ゲット。(プライスレス!)


~誤作動ケース~

・車が揺れるほど風が強い日はセンサーが反応してしまう

・湿気や大気圧の変動が激しい日にもセンサーが反応してしまう


~車上荒らしケース~

・車上荒らし常習犯は車のセンサーが鳴らない

 かつ、

 車に傷をつけずに荒らす方法を知っている。

 車下にジャッキを入れられるスペース。

 そこに傷がついていないかチェックすれば良い。


~住まいに関するケース~

・ご近所付き合いをしていなくても以下のケースがある。

 嫌がらせ、妬み、嫉妬、単なるクレーマー etc...


改めてまとめてみると、

あっそうなんだ~って事が意外と多い事が分かりますねw。


こういった情報を手に入れる事が出来るのも(プライスレスで!)、

コミュニケーションが円滑に出来る事が土台にあるんですよね~。


ディーラーでチェックしてもらった後、

公的機関の相手の方にチェック結果を報告(所要時間1分半!)したら

「ありがとうございました!」

って言われてしまったw

何故お礼言われているのか、

その瞬間には分からなかったけど

恐らくこういったケースで真面目に対応する人って、

珍しいからなんじゃないかなぁって

ディーラーの営業担当と雑談に興じてみたり。


まぁこちらとしては色々と情報が得られたし、

知識が増えたし、

こういったケースの対処方法もさらに分かったし。

ご近所付き合いはしてないけどね!


コミュニケーションから得られる情報って、

ネットでは手に入らない情報があるって事

知ってますから。

社会人経験値積み上げて来て良かったなぁ~と思う

今日この頃。



ein's ブログへようこそ

英語大好きな社会人16年生。 洋楽カラオケはまっています。

0コメント

  • 1000 / 1000