ミッション:8ミニッツ (原題:Source Code)

日本ではあまり話題になりませんでしたが、

特に面白かった映画「ミッション:8ミニッツ(原題:Source Code)」の感想を書きます。

ちなみに、

英会話スクールに通ってた時に映画マニアの講師に勧められた作品です。


【以下ネタバレ含みます】  

SFサスペンス。

サスペンスかどうかは個人の判断にお任せです。

僕個人としては ミステリーSFサスペンス という位置づけでしょうかね。


敢えて言うならば、虚淵玄さん脚本の

「まどか☆マギカ」:「陶酔→混沌→衝撃」

の展開に似ていると感じるかも。


~簡単なあらすじ~

米軍兵のコルター・スティーヴンス大尉(ジェイク・ギレンホール)は、

突然シカゴへと向かう列車の中で目を覚ます。

向かいには見知らぬ女性。

どうやら、自分がこの女性の恋人にすり替わってしまっているようだった。

そんな状況に混乱しているところで、列車が爆発を起こす。

そこで意識が戻ると、彼は薄暗くて狭い空間の中にいた。

モニターには制服を着たグッドウィン(ヴェラ・ファーミガ)と名乗る女性と杖をついた男。

そしてスティーヴンスは彼らから驚くべきミッションを聞かされる。

シカゴで先ほど列車の爆破テロ事件があり、犯人が次なる爆破テロを狙っているという。

自分は列車事故の犠牲者の死ぬ直前の8分間の記憶の中に潜入し、

そこで起こったことを追体験することで犯人の手掛かりを追うというミッションだ。

しかし彼は犯人を追ううちに、自分の身に起こった驚愕の事実を知ることになる・・・。


前半のストーリーの軸は、

「列車の爆発犯は誰か?」

8分間の記憶旅行は何度も繰り返され、

テロの標的となる列車に乗車していた乗客

お笑いコンテストの出場者、大学生、キレキャラ、車掌 etc...

様々な登場人物が交差する中で暗示的なシーンが繰り返され、

見ているとあれこれ推理し始めてしまう。


スティーヴンスが自分の本当の状況を知らされることで、

次第にストーリーの軸が替わってくる。


最終的に完全に軸が替わるのは中盤の爆破テロの犯人が捕えられるところ。

ここはサクッと描かれている。

この作品では犯人を捕えるということはあんまり重要じゃないんですね。

だからあえて、

「ここからが本当のテーマですよ」

という意図が感じられますね。


後半の犯人逮捕後の話の主軸は

「自分は誰なのか」

「この世界は現実なのか、作られた記憶に過ぎないのか」

という問いにスティーヴンスが苦悩するところ。


自分は犯人を見つけ出し、テロを未然に防いだ。

それなのに、現実の世界ではテロはすでに起こっていて、たくさんの犠牲者が出ている。

スティーヴンスが記憶の中に入り込んだ相手であるショーンも、

その恋人であるクリスティーナも死んだという事実は変わっておらず、

ミッションの指示者である男からは

「これはタイムトラベルではない。時間軸は変えることはできないから、事実も変わられない」

と告げられる。


そしてその答えが明確に提示されないまま映画は終わる。


この映画みたいに、

ラストに暗示的なシーンがあっていろいろな解釈が生まれる映画と言えば、

「インセプション」

でしょうか。


ラストで鏡状のオブジェに映る姿がスティーヴンスではなくショーンだったり、

グッドウィンの携帯に届くメールだったり、

「つまりこれってどういうこと?」

的な演出が用意されている。


「インセプション」が好きな方にはお勧めの作品です。

ein's ブログへようこそ

英語大好きな社会人16年生。 洋楽カラオケはまっています。

0コメント

  • 1000 / 1000