ein

記事一覧(209)

生きてるってことは、前に進むこと。前に進むために抗うこと。抗うために戦うこと。

 強度を知りたければ、壊してみる以外にない。例えば人が池に張った氷の上を歩く時、踏みしめている氷の厚みを知るのは割れた時である。薄氷か、
はたまた流氷のような厚い氷なのか、冷水の奈落に落ちるその瞬間にこそ、初めて土台の強度を知るのだ。  秩序も、平和も、文明も、世界も、幸せも、友情も、愛も。それらすべてがいかに強固で、
頑丈かを確かめるには壊してみるしかない。ゆえに人は時に
「掛け替えのない大切なモノ」
を傷つけたくなってしまう。傷つけて壊そうとして、確かめてみたいのだ。頑丈であること、絶対であることを、裏切らないことを。そしてその結果、他の誰でもない、自分で大切なモノを壊してしまうことになろうとも、人は傷つけることをやめられない。だからこそ、世界はあまりにも残酷だ。だからこそ、その掛け替えのなさを、愛おしく思うべきなのだ。そんな世界で、生きてるって事は?誰かの助けを待ってるだけではダメだ。助けなんて、未来永劫、来やしない。今日まで諦めないふりして諦めて、今日を生き続ける努力に逃げて、誤魔化してきた。誤魔化しは嘘なんだよ。嘘は偽物なんだよ続かない。それは仮初めの幸せ。仮初めの幸せは続いちゃいけない。生きているからには、未来に進まなくちゃいけない。未来には、真実があるかもしれない。希望か、はたまた絶望か。どちらであっても、
進まなくちゃ、今のまま。進まなくちゃ、
戦わなくちゃ、
生きてるって、
言わないんだよ。だから、 明日の自分を切り開くために、昨日までの自分に感謝し、今日の自分は明日を生き抜く為に準備をしよう。そして、準備が出来た自分には、明日を生き抜く為の準備が出来た自分には、誰かが手を伸ばしていることに、気が付くことが、出来るんだ。助けとは、待っていれば、届くんじゃない。助けとは、誰かのその手を、掴みに行くんだ。誰かが伸ばしている手を、気付くことなんだ。感染x少女著:囚人P@猫ロ眠編集:ein

「超」思考法 ~2分という限られた時間で~

 現状、 持ちうる情報案内図、 持ち合わせる全ての情報と言う名の地図の、全情報を脳にリンクさせる。 極限まで、情報を単純化する。考えろ、考えるんだ。剣も振れず、銃も撃てず、人を率いる事も出来ない自分に出来る事は、考える事。正しく導く、頭脳である事。展開を思慮し、不足を憂慮し、危険を考慮し、人材を配慮する。言い訳は切り捨て油断は排し、ただひたすら答えにのみ執着し、答えにのみ執着する。2分という短い時間、考察できる事象は限られている。多少の穿ちは許容し、公理の検証を徹底的に省き、時間が限られている中、公理が間違っていれば端から意味は無い。だから、最短距離で決めつける。最小限のプロファイリングはして行動を予測する。仲間に裏切られる現実にこれ以上直面したくないがために、飛び出し、逃げ出した。その行為は生存への執着とは真逆、「逃避」に他ならない。過度の「逃避」は「幼児退行」を含み、著しく合理性を欠いた判断を下しかねない。だからこそ幸せな過去が詰まった場所に、脇目もふらずに逃げ込むのも理解が出来る。生存への貢献度の高い、医療備品の整った病院に見向きもしない判断からも、退行はより顕著だろう。ならば合理性や利便性、危険性などは度外視。全くの別軸の判断基準。即ち、
幸せな過去への集約点。幸せが最高潮だった地点にこそ辿り着くはずだ。印象的な思い出、最も美化されるであろう場所。それは、人として、一番の幸せがあるであろう場所。 感染x少女著:囚人P@猫口眠編集:ein

戦争を登山に例えるなら、登るべき山をさだめるのが政治だ。どのようなルートを使って登るかをさだめ、準備をするのが戦略だ。そして、与えられたルートを効率よく登るのが戦術の仕事だ。

 トランプ政権には、 目先の米国国民の溜飲を下げるため、支持率を上げるための、小手先の戦術しか見当たらない。政治家がこれではな。。。「米軍圧倒的優位だが、小規模攻撃限定か
以上が、米国の軍事力が持つ、圧倒的な優位だ。通常戦力でも攻撃に制約がなければ、北朝鮮の体制崩壊も実現できる。だが、現実的にはそのような攻撃はできない。韓国と中国が反対するからだ。韓国は大規模攻撃を許容しない。戦時体制シフトによる負担や経済的不利益だけではない。北朝鮮に住んでいるのも同じ民族であり、いわば親類縁者だからだ。民間被害を伴う大規模攻撃も認めまい。金正恩体制を倒すための飢餓作戦となれば、韓国軍を差し向けてでも妨害し、空爆の危険を冒してでも食料を運ぶと思われる。中国も反対する。北朝鮮の金正恩体制には冷ややかであっても、自国の影響圏であり、現体制が倒れることには耐えがたい。米国の大規模攻撃による民間被害には許せない旨を伝え、さらには義勇軍を送り、大規模援助によってその存続を支えることも示唆するだろう。結果として米国は反対を押し切ってまでも攻撃はできない。北朝鮮だけはなく、中国と韓国も敵にしてしまうからだ。現実にできるのは小規模な攻撃だけ。大義名分が立ち、かつ、中韓が肯定できなくとも看過できる範囲の攻撃である。具体的には核・弾道弾の生産施設、あるいは軍用航空機と軍艦といった、純粋な軍事目標に限定した攻撃になる。そして米国国民の溜飲は下がり、トランプ大統領の支持率が上がるかもしれない。それでも北朝鮮情勢は改善しまい。逆に悪影響を生む。なぜなら北朝鮮の指導部に、「侵略を撃退した」など自国民向けの成果を与え、同時に「米国は北朝鮮を全面攻撃できない」確信を与えてしまうからだ。北朝鮮の従来路線は見直されるどころか強化される。核兵器や弾道弾の優先順位は上がり、それらの整備はむしろ加速されるに違いない。」

「社内」「社外」に対する企業調査、本質を見抜く目、明日を生き抜く為に、持ち合わせねばなりませんよ。会社勤めにいそしむのであれば。

 経営は、 「戦略」と「戦術」を駆使し、時代の動向を絶えず把握し、現場で何が起こっているのか敏感に察知し、意見具申があればそれを取り入れる「度量」。これがなければ、経営者とは恥ずかしくて言えないのである。「今回の問題は、言うまでもなく東芝の経営陣にその責任がある。それは間違いないのだが、日本企業の代表的な存在であった東芝が抱える問題は、日本企業全体の問題ともオーバーラップしてくる。日本企業全体の問題とは何なのか。大きく分類とすると、次の4点が浮かび上がる。(1)利益率が低い(2)意思決定が遅い(3)いまだ残る終身雇用の慣行(4)イエスマンのみ出世だが、派閥争い激化という現実利益率の低さは、東芝に限ったことではないが、日本企業全体の問題だ。日本企業の場合、ROE(自己資本利益率)の平均は全体で5.3%(経済産業省「持続的成長への競争力とインセンティブ」、以下同)しかない。対して、米国企業の平均は22.6%、欧州でも15.0%。日本企業の利益率の低さが際立つ。 その原因はなかなか難しいのだが、バブルが崩壊して以降、日本企業はあらゆるジャンルにビジネスの可能性を求めて拡大戦略を取った。問題は、それらの新しいビジネスが悪化したときに、いかに素早く撤退できるかだ。海外、特に米国企業などはその意思決定が速い。その点、日本企業はメンツなどにこだわって撤退の意思決定が遅い。その中には社内の敵対する派閥に対するメンツが優先するケースもあるようだ。東芝の経営陣といえば、不適切決算を機会に西田厚聰、佐々木則夫、田中久雄の3歴代社長に対して、東芝側が損害賠償を求めて訴えているが、「イエスマン」がトップに立つと、突然「ワンマン」に代わる傾向が強いのかもしれない。その結果、周囲は何も言えなくなって、意思決定が遅れる。それを阻止するのが、メディアなどの調査報道だが、日本ではメディアの力が弱い。いずれにしても、これまでの日本企業は、時代の変化とともにさまざまな難局を経験してきた。総合家電などに絞っても、冒頭でも指摘した日立やソニー、オリンパスなどのケースが記憶に残る。アベノミクスが始まって以降、5年間でシャープ、東芝と経営危機が続いている。そもそもアベノミクスとは、異次元の金融緩和であり、本来なら倒産するはずの企業も生き残って、ゾンビ企業が増えるのが自然だ。ところが、シャープや東芝といった上場企業などの場合、融資している銀行側の経営危機にもつながるため、そう簡単にはいかない。今後、アベノミクスの金融緩和が縮小して、金融引き締めに動いていったとき、アベノミクスだから生き残ってきたゾンビ企業がどの程度現れてくるのか。東芝問題が氷山の一角でないことを祈るばかりだ。」

絶対に大丈夫な企業など存在しないと同様に、絶対に大丈夫な職種もまた存在しない。では、どうするのか?人間力を磨くのである。

単一性ではなく、マルチタスクな、 知識、教養、行動力、人間性。 ひっくるめて、 人間力。 これを磨き上げるのである。「AIに代替されやすいのは、高コストで知識偏重型の仕事である。先ほど例に上げたパイロットや会計士といった職種がこれに該当する。一方、もっともAIに代替されにくいのは、極めて低コストで、かつ単純ではない仕事である。例えば、外食産業の店員という仕事は、カバーする範囲が多岐にわたり、実は業務内容が複雑だ。調理や片付け、店内の清掃、在庫の確認、顧客とのやりとりなど、あらゆる能力を必要とする。介護も同様である。介護の現場では以前から人手不足が深刻となっており、介護ロボット導入に対する期待も大きい。だがこの仕事も総合的な能力が求められるため、AIによる代替は意外と難しいとされる。しかも外食産業と同様、労働者に求められるスキルが多岐にわたっているにもかかわらず、職員の相対的な賃金は安い。事業者はAIへの代替を簡単には決断しないだろう。これはどの職種でも同じことなのだが、仕事が丸ごとAIに取って代わられるというケースは少ない。一方、どのような職種であれ、同じ仕事をこなすために必要な人数は年々減ってくることになる。つまり、AIは仕事を奪うのではなく、成果が上がっていない人からそのポストを奪う可能性が高いのだ。
 冒頭で紹介した営業職のAI化についても同じである。営業支援システムにAIを搭載すれば、AIは成績が上がっている人の仕事を学習するようになり、メールの出し方や資料の作り方などについて、成績が上がらない人を指導するようになっていく。そうなってくると、部署として同じ売り上げを維持するために必要な社員の数は徐々に減ってくる可能性が高い。またAIに有益な情報を提供できた営業マンとそうでない営業マンは当然、評価が違ってくることになる。どんな職種であれ、今の部署で高い成果を上げることが、AI化に対処するための最短距離ということになるだろう。」

名医に気付かされた、思考する、という事の『先』へ

 お薬マニア、生まれ持った、鼻炎アレルギー∑(゚Д゚) の持ち主ハウスダスト、スギ花粉、副鼻炎。。。花粉症の季節がつらい?いやいやいやいや、1年通して、鼻炎アレルギー持ちがここにいますけど、何か∑(゚Д゚) 春とかさぁ、秋とかさぁ、意味が分かりません∑(゚Д゚) さらに、自律神経に追い打ちをかけられ、もはや四面楚歌 (● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ん?この程度など、逆境に値しませんよ∑(゚Д゚)教育研修で人間性を完全に否定された∑(゚Д゚)100時間超残業≒4ヶ月∑(゚Д゚)パワハラに真っ向から対抗∑(゚Д゚)悪徳業者? いえいえ、einが彼らを出し抜きますけど何か∑(゚Д゚)さて、次の逆境な何かしらと、人生の波乱万丈を楽しんでいる、einです。考えたことを、ノートにメモするまでもなく、頭でメモ書きし、頭で整理する。ときに、ここの、ブログをメモ書きに利用している∑(゚Д゚)頭は、HDやSSDではない。頭は、SSDを兼ねたCPUである。そんな事を妄想しながら、今日の一言です。先日、尊敬してやまない名医である、院長先生に、実に久しぶりに治療をしてもらい、(完全予約なので、院長先生に治療してもらえる機会がなかなか・・・)素敵な言葉を頂戴しそれを記事にしてみます。・だいぶ、「賢い患者さん」になってきたみたいだね。・体質アレルギーっていうのはね、5年サイクルで体質が変わるんだよ。・今の自分の患者さんとしての点数は、何点だい?・そうだね、高得点だね。 そうしたら、 次のステップ 次のレベルの患者さんになる事を考えなきゃいけない。・前回のアレルギー検査から、5年経過しているよ。 あらためて、検査してみよう、 そして、 治療方法と投薬の種類を見直してみよう。・・・院長先生、今夜一緒に飲み明かしませんか (● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾はい、初診当時は、未だ未だ未熟なeinでした。当然、院長先生にお叱りを頂戴しました。今は、「賢い患者さん」と先生に褒められました。今後は、次のレベルにステップアップする事を考える∑(゚Д゚)スゲェこの先生。誉めた後に患者さんを導くことを、知っている。。。時代の最先端の医学を知り、学び、さらに、研究している。決して、現状に満足しない。だからこそ、尊敬してやまない、名医である、他県からも数時間かけて、通ってくる方のいる、院長先生なのです (● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ここで、体質アレルギーを、思考アレルギーと置換してみよう。・思考アレルギーっていうのはね、5年サイクルで思考体質が変わるんだよ。・今の自分の思考するという点数は、何点だい?・そうだね、高得点だね。 そうしたら、 次のステップ 次のレベルの思考になる事を考えなきゃいけない。・自分自身の思考するという棚卸し検査から、5年経過しているよ。 あらためて、検査してみよう、 そして、 思考方法と思考の種類を見直してみよう。・・・思考診断、カウンセラーとやら、巷にあふれている。しかし、日進月歩、当然、思考するという事も、発達していかねばならない。でなければ、医学、物理学、○○学に、人間自身が追いついていかない。自分自身が追いついていかない。医を極めた方が、現状に満足せず、絶えず、興味を持って、先に進む。ここに、真理の一端を、垣間見えた気がしました。医の世界だけでは無いですよ、院長先生。。。

世の中に、絶対大丈夫という、企業など、存在しない

 ごーんさんが、来る前の日産自動車しかり。三菱自動車しかり。 ちょっとだけ、自動車業界の、企業調査を実施。トヨタ、日産、HONDA この3強はしばらくは安定。アンテナに、ひっかっかったのは MAZDA。MAZDA車のラインナップは、見た目は凄い、綺麗な姉ちゃんでも、クルマの中身の、スペックは、スッカスカ。なによりも、3500cc のクルマなんて、一台もない2000cc まで。うっわ~ って思った。MAZDA車 レベルひく~~~~~。こんなクルマ かいたくねぇ~~~~。(あ、einは、Infinity ハイブリッド 3500ccですからw)MAZDA車 : 見た目だけ綺麗な中身空っぽの姉ちゃん日産車 : 見た目はいまいち。だが、持ってるスペックは容赦ない例えるとこんな感じ。さらに、MAZDA車を購入してる方々の記事を調べました。MAZDAディーラーは、特別査定額を提示して、車両価格も、特別価格まで安くしている。(MAZDA車は、購入価格が低い分、売る時の査定額も容赦なく低い)こんなことしていることが分かりました。三菱は日産に吸収されました。MAZDAは、クルマのバラエティーからして今後のビジョンが、見えない。企業に、利益をもたらしてくれるのは、大衆車では無い。スーパーカーである。という事はですよ?MAZDAは10年後、あるいは20年後、スズキみたいに吸収される可能性が相当高い。クルマ買ってくれるのは良い。でも、値引き額が半端ない=企業利益? どんだけ出てるの? って事。次期車の開発 すごいことしたい! の予算が取れない。凄い車出てこない。見た目だけ綺麗な 姉ちゃん車 しか、出てこない。そんな車ほしくない。今日現在は、ファミリーカー、エコカー等が日本では売れている。若者はクルマ離れが加速している。その若者が、10年後、20年後、社会人になれば、ファミリーカーはもぅ要らない。すると、世のお父さんたちが欲しい車は?スカイライン的な、お求めやすい高級スポーツセダンである。さぁ、ここに気付いている企業、ここに向かっている企業、MAZDAさんは果たして?ね? 未来が見えたでしょ。